不動産と税金

マイホームや不動産を取得した時の税金

不動産取得税(土地建物の取得に一度だけ課税)

宅地・住宅の税率は3%

不動産取得税は、建物や土地を新築・購入したときに1回だけかかる税金です。
税額は住宅や宅地の場合、固定資産税評価額の3%です(平成21年3月31日まで)。

商業ビルなどの取得については、平成20年4月1日以降は4%とされます。

土地や中古住宅の固定資産税評価額は、固定資産税評価証明書でその価格が明らかになりますが、新築住宅については、おおむね、建築費の60%程度と考えておいてください。

なお、平成21年3月31日までの土地の取得については課税標準額が2分の1に軽減されます。

一定の住宅と土地には さらに軽減措置が

一定条件を満たした住宅とその敷地(土地)には、さらに軽減措置があります。

新築住宅...建物の価格(固定資産税評価額)から1200万円を控除

新築住宅の1,200万円控除の条件
床面積は50m2以上240m2以下であること。アパートは1住戸40m2以上240m2以下
※ 対象となる住宅にはセカンドハウスも含まれます。
不動産と税金TOP登録免許税←| 不動産取得税 |→住宅ローン控除